社会的なステータスになる

ビジネスにおける影響力

腕時計はただ時間を知るためだけの道具ではありません。身に着ける時計によって他者からの印象や社会的信用が大きく変わります。数ある時計の中でも、ビジネスシーンでプラスに影響をもたらすと言われているのが海外ブランドの高級時計です。海外ブランドの高級時計は平均相場が数十万円で高い物になると100万円以上するケースも少なくありません。高額な時計を身に着けているだけで、取引先からの信用度も高くなります。特に課長以上の管理職の肩書を持つ人は、地位に見合うだけの物を所有していないと本人だけでなく、会社全体の評価が下がりかねません。自分の年齢や立場に合った時計を身に着けることは、ビジネスマンとしての最低限のたしなみです。

ビジネスで避けるべき時計

自分の年齢や立場に合った時計を身に着けることはビジネスマンのマナーと言われていますが、値段が高ければ何でも良いわけではありません。時計は大きく分けてアナログとデジタルの2種類です。機能性を重視してデジタル時計を愛用する人も多くいますが、ビジネスシーンではマイナスの印象になりやすいと言われています。スーツでデジタルを身に着けるとバランスが取れず、時計が悪目立ちしやすいというのが主な理由です。デジタルはプライベートでの利用に留めて、ビジネス用にアナログ時計を用意しておく必要があります。アナログ時計でも、宝石があちこちに散りばめられていたり、金や赤など目立つカラーはNGです。自己主張し過ぎないデザイン、カラーが選ぶ基準になります。